Windows Server 2016 TP4 のActive Directory グループポリシー②

今回はWindows 10のアップグレード/アップデートに関するポリシーについてです。(Windows 10 のビルドは1511が対象になっています)

ご存じのように、Windows 10 は更新プログラムの受け取り間隔を3つのモデルから選択することができます。
・Current Branch:CB
・Current Branch for Business:CBB
・Long-Term Servicing Branch:LTSB

管理者による新機能の検証に日数がかかる場合、CBB更新モデルを選択すると新機能の受け取りを最大で8か月間まで猶予することができます。
セキュリティパッチの更新とは別に設定ができるので、管理者にはうれしい機能ですね。

さて、その延期設定ですが、個々のクライアントPCからも設定メニューから変更できますが、グループポリシーで一括管理したほうが便利ですね。
[コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [Windows Update] – [アップグレードおよび更新を延期する] というポリシーで制御できます。

画面はこんな感じです。
Windows Update

編集画面はこちら。
機能アップグレードは1~8か月まで、機能アップデートは4週間まで猶予設定が可能です。
編集画面

非常に便利ですね。

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。