Azure RMS と Office 365 RMS の相違点

先日、お客様から標題の件についてご質問を受けました。そのお客様は Office 365 Business PremiumとEMSをご契約されたばかりの会社の方です。

営業担当の方から「Office 365 Business Premium なので、Office 365 のRMSは利用できません」と言われて、EMS(Enterprise Mobility Suite) を契約しても使えないのか?と疑問に思われたようです。

結論からいうと、Office 365 で利用するRMSはEnterPrise 3以上とEducation、およびオプションでのご契約となります。今回のお客様はBusiness Premiumをご契約なので、Office 365に付随するRMSは利用できません。

ですが、EMSの契約をされているので、こちらのAzure RMSをご利用いただけます。ただし、この場合は、RMS 共有アプリ(RMS Sharingツール)をダウンロードしてインストール後にご利用いただく必要があります。

ダウンロード先:RMS共有アプリ

このツールを利用して暗号化かけたものをメールに添付したり、Onedrive for Businessにアップロードして利用することができます。

RMSSharingdump

もし、Office 365のRMSを利用するにしても、Exchange OnlineではPowershellを利用する必要があります。利用するユーザーからしてみたら、GUIのみで管理可能なRMS共有ツールの方が敷居は低いかもしれませんね。

参考URL

Azure RMS の要件: Azure RMS をサポートするクラウド サブスクリプション