Office 365 のモバイルデバイス管理(MDM)設定

今回は、Office 365 MDMの設定手順をご紹介します。設定可能な項目や注意事項などは前回の投稿をご参照ください。

まずはOffice 365 管理画面から [Security&Compliance] – [セキュリティポリシー] – [デバイス管理] 画面へ遷移します。

start

[Mobile Device management for Office 365 のセットアップ] 画面で、「始めましょう」をクリックします。アクティブ化が完了すると、設定画面が表示されます。

manage2

右上の[設定の管理] をクリックすると、[モバイルデバイス管理の設定] ダイアログが表示されます。

config

iOS デバイスの管理を行う場合は、iOS デバイス用 APN 証明書の構成 でセットアップをクリックします。ここで証明書の設定を行います。

まずは、証明書要求ファイルのダウンロードです。

cerdownload

次にAppleのポータルサイトへ移動し、証明書の作成・ダウンロードしたcerファイルのアップロードと続きます。最後に作成された証明書をダウンロードします。その後、Office 365 画面へ戻り、ダウンロードした証明書(pemファイル)を登録(アップロード)します。

この手順は以前投稿した Microsoft Intuneのモバイルデバイスの登録準備と同様の流れですね。

つぎに、デバイス セキュリティ ポリシー の管理 を行います。

[セキュリティ] – [セキュリティポリシー] – [デバイスのセキュリティポリシー] から設定を行います。

1

設定したポリシーは、Office 365 セキュリティグループに対して割り当てます。デバイス管理対象ユーザーは事前にセキュリティグループを作成し、メンバーに登録しておきます。

tenkai.GIF

最後にモバイルデバイスでOutlookアプリをインストールし、セキュリティグループに登録したユーザーのアカウントを設定しようとすると、Microsoft Intune ポータルアプリをインストールするように促されますので、ウィザードに従ってインストールを完了させます。(Androidデバイスの場合も同様です。)

20160825_131940000_iOS

[会社へのアクセスセットアップ] 画面が表示されるので、「開始」をクリックし、あとはウィザードに従って [次へ] をクリックしていきます。

20160825_134206000_iOS

Office 365 デバイス管理画面に登録されていることが確認できます。ここから該当デバイスのフルワイプ(工場出荷時状態)や選択式ワイプ(会社データのみ削除。個人データやアプリは保持)の実行が可能です。

List

Office 365 商用のサブスクリプションであれば別途費用がかからずに利用できます。試用版でも利用可能なので、 会社配布のモバイルデバイスを利用される場合はぜひ試してみてください。