新しくなったEMS

先日のIgniteでも発表がありましたが、EMS(Enterprise Mobility Suite )が新たにEnterprise Mobility +SecurityとしてGA (General Availability)されました。略称ではあいかわらずEMSなのですが・・・。

大きな変更点としては、EMSに上位プランが追加されました。

従来のEMSがE3となります。

E3

・Azure AD Premium (E3ではP1)

・Microsoft Intune(おなじみ)

・Microsoft Infomation Protection Premium (E3ではP1.従来のAzure RMSのこと)

・Microsoft Advanced Threat Analytics (こちらも変わらず)

E5

・E3の機能はすべて含まれます。

・Azure AD Premium (E5ではP2)

→P2ではP1機能に加え、特権IDなどの新たなID管理機能が増えています。アカウントの保護にはかなり力をいれていますね。

・Microsoft Infomation Protection Premium (E5ではP2)

→P2では、あらかじめ設定されたポリシーに基づき、ユーザーの作成・更新したドキュメントを保護対象として自動分類可能になります。

・Microsoft Cloud App Security

→すでに2016.4にGAになっています。SaaSアプリの利用状況監視(シャドウITの発見や不正なネットワークトラフィックの検知、アプリの承認/却下などの実施も可能)

こちらにも情報があがっています。

Securing your digital transformation with Microsoft Enterprise Mobility + Security

残念ながら2016.10上旬現在で、私の所有するテナントはまた新しいバージョンは表示されていません。

降ってきしだい、検証したいと思います。