Azure Information Protection P2 の機能

この投稿は Office 365 アドベントカレンダーに参加しています。

以前の投稿でもお知らせしたようにEMSにはE5という上位プランができました。
その中に Azure Information Protection (以下、AIP)Plan 2 が含まれます。

(※ちなみに、AIP は従来まで Azure Right Management(RMS)という名前で呼ばれていたものの後継にあたります。旧という表現をしておりますが、RMS が無くなったわけではありません。AIP は RMS の暗号化技術を使ってさらなる保護をかけています。)

Office 365 E3 以上のプランにも RMS が付随していますが、最近は Office 365 E3 をご利用の企業でも、オンプレミスでの利用や Office ドキュメント以外の保護を目的に AIP の導入をご検討いただくことが増えてきています。
なので、ぜひ Office 365 ユーザーの皆様にもこの機能に興味を持っていただきたいと思い Office 365 アドベントカレンダーにこの投稿を参加させています。

前置きが長くなりました。
では、AIP Plan 2 の新機能として登場した「ラベリングと分類」についてご紹介します。この機能を利用すると、社内ユーザーに視覚的にそのドキュメントの機密性を意識させることができ、情報漏洩などのセキュリティ事故を防ぐことができます。もちろん、従来の Azure RMS の機能でもあるそのドキュメントを追跡、アクセスの禁止などの設定も可能です。

まず、利用するための準備ですが、ご契約いただく前に試してみたいと思われますよね。この AIP(P2)も、もちろんお試しいただくことが可能です。

Office 365 の管理画面(もちろん試用版でもOK)メニューで、「サービスを購入」を選択します。
「Azure Infomation Production P2」を選択し、「無料試用版」ボタンをクリックしてください。


あとはユーザーにライセンスを割り当てれば30日間は製品版と同様機能を利用可能です。

あるいは、以下のページから Enterprise Mobility +Security E5 の無料試用版をお申込みください。

AIP P2 の申し込みが完了したら、次にツールの準備をしましょう。

まずは、RMS のころからおなじみの RMS 共有アプリケーションを以下のサイトからダウンロードしてインストールします。

つぎに、AIP P2 のラベリング機能を利用ために、以下の Azure Information Protection クライアントのサイトをブラウザから開きます。

AzInfoProtection.exe を選択し、ダウンロードを実行します。

ダウンロードが完了したら、あとはウィザードに従いインストールを実行します。

これで準備は完了です。

これだけでも標準で用意されているラベルは利用できますが、内容をカスタマイズするための編集画面をみてみましょう。

Azure ポータルサイトへサインインします。

Azure ポータルから、Market Place – セキュリティ+ID – Azure Information Protection を選択します。


表示された画面で「作成」をクリックします。(ライセンスが付与されていないとここでエラーとなりますので、必ず先に試用版  Or  製品版を取得してください。)

ポリシー編集画面が表示されます。

ここでラベルのカスタマイズをしたり、「すべてのドキュメントとメールにラベルを付ける (自動適用またはユーザーによる適用)」、「分類ラベルを低くする、ラベルを削除する、保護を削除する場合、ユーザーは理由を提供する必要があります」などさまざまなオプションの ON / OFF を切り替えることができます。既定値はどちらも「オフ」になっています。今回は、「視覚的なマーキングの設定(ヘッダーやフッターなど)」を ON に設定します。

設定が完了したら「公開」をクリックし展開します。

それでは、デスクトップで Word 文書を作成してみましょう。
作成した文書を開いてみると、ツールバーに「ラベル」が表示されているのが確認できます。

選択したラベル : Secret がフッターにラベルが表示されていることが確認できます。

残念ながら現段階では、まだすべての機能が利用できる状態ではありません。ラベルがつけられたドキュメントをどのように連携させるかという部分のほとんどが機能制限中です。Exchange Online や Sharepoint Online と統合ができないのが一番つらいところなのですが・・・。最近頻繁にアップデートがかかっているので時間の問題と思われます。(RMS ポリシーテンプレートへの反映が現在プレビュー)

ラベルのつけられたドキュメントの活用方法ですが、例えば Exchange Online のトランスポートルールと連携し、つけられたラベルによってルールを振り分けたり、Cloud App Security と連携した監視の強化も行えます。

他サービスと連携した AIP の活用についてはアップデートの状況をみつつ改めて投稿します。

 

 

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。