Microsoft Intune によるモバイルデバイスのマルウェア対策(後編)

Intuneと連携するためのLookoutの設定

前回の投稿で、IntuneとLookOutの連携を行うためにLookOutのサポートへ連絡をしました。2営業日後、無事にLookOutのMTPへアクセスが可能になったというメールが届きました。

①Lookoutダッシュボードへログイン

早速以下のURLへアクセスしLookOutの設定を行います。

https://aad.lookout.com

ディレクトリへのアクセス許可を促すページが表示されます。【承諾】をクリックします。

すると、このようなLookout MTP ダッシュボード画面が表示されます。
ポリシーのカスタマイズも可能です。

 

②Intuneコネクタの設定

システムメニューから「コネクタ」タブへ移動します。「コネクタを設定」画面で、[コネクタを追加]をクリックし、[Intune] を選択します。

「コネクタを設定」画面で、[コネクタを作成]をクリックします。

[変更を保存]メッセージが表示されたら、[閉じる] ボタンから画面を閉じます。コネクタが接続は完了です。Intune管理画面から[Lookoutの状態]メニューが利用できることが確認できます。

 

③デバイスへLookoutアプリを展開

今回はAndroidデバイスへ展開してみます。左メニューから[アプリ] – [アプリの追加]をクリックします。「セキュリティ警告」「画面が表示されたら[続行]をクリックします。ソフトウェアパブリッシャー画面にサインインします。

「開始する前に」画面で[次へ]をクリックします。「ソフトウェアセットアップ」画面で[外部リンク]を選択し、URLを入力し[次へ]をクリックします。

名前に[Lookout for work]、発行元、説明を適宜入力し、カテゴリで[コンピューターの管理]を選択し、[次へ]をクリックします。

概要画面で表示された内容を確認し[アップロード]をクリックします。「Microsoft Intune にデータが正常にアップロードされました」画面で、[閉じる]をクリックします。Intuneの管理コンソールでアップロードしたアプリが表示されていることが確認できます。

表示されたリストを右クリックし、[展開の管理]をクリックします。展開するグループを選択し[次へ]をクリックします。承認欄で[利用可能なインストール]あるいは[必須のインストール]を選択し、[完了]をクリックします。

Intune管理コンソール左メニューから[ポリシー]を選択し、コンプライアンスポリシーを作成します。「デバイスの脅威保護」欄で、「デバイス脅威保護を有効にする」を有効にし、[許容される最大脅威レベル]を高、中、低から選択し[ポリシーの保存]をクリックします。

「条件つきアクセス」ポリシーよりLookoutからマルウェアが検出されたデバイスに対し適応させるポリシーを設定します。

会社から配布したモバイルデバイスに対し、感染状況を把握し社内リソースを守ることが可能になりました。

現在は、Lookout側の設定画面を利用するにはメールによるやり取りが必要となるため、若干のタイムラグが発生することを考慮する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。