Office 365 へのアクセス場所制御

ずいぶん前から、Office 365のアクセス場所について「社内からのみアクセスさせたい」、「社外からのアクセスを制限したい」などご要望を耳にしていました。現在は3つの方法から選択することができます。

①ADFSによる制御

これらの制御を実現する方法として従来までだと、ADFSによる実装が代表的でした。利用状況により懸念(ADFSで認証・認可された状態で外出時など)はありますが…。

②Azure ADによる制御

また、昨年秋ごろからAzureAD側で実装することも可能になっています。(※現在プレビュー)Azure AD から該当ディレクトリを選択し、[構成] 画面をスクロールしていくと「組織のパブリックipアドレス範囲」項目が表示されます。こちらに利用を許可する場所からのパブリックIPを登録します。

③Onedrive(OneDrive for Business)管理画面による制御

外部からのアクセス制御したいサービスに「OneDrive for Business」やSharepoint」があげられます。

現在プレビュー段階(※2017年1月中にGA予定。)ですが、OneDrive for Businessに管理画面ができました。先行リリースを有効にしていると、Onedriveの画面メニューに「OneDrive 管理者プレビュー」というリンクが表示されます。表示されなかった場合は以下のリンクからご利用ください。(テナントにより表示されない可能性もあります)

https://admin.onedrive.com/

管理者プレビュー画面より「デバイスアクセス」をクリックします。「ネットワークの場所に基づいてアクセスを制限する」項目が表示されます。

チェックボックスにチェックをいれるとIPを登録する画面が表示されます。そこへアクセスを許可する場所のパブリックIPを登録します。

 

登録された場所以外からのアクセスは拒否されることが確認できます。

選択肢が増え柔軟に対応できるようになってきましたが、以下のような注意事項もありますので、自社の状況を考慮し適切な選択をする必要がありそうです。

●アクセスの許可/拒否はテナント単位です。

●現在はIPによるアクセスを許可されていない場合は、管理画面へのアクセスも不可能です。

※現在プレビューのため、GAされた際には仕様やUIなど変更されている可能性もあります。ご了承ください。

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。