Azure Information Protection Client の新バージョン

先日、新バージョン(Ver 1.3.155.2) がリリースされました。
https://docs.microsoft.com/en-us/information-protection/rms-client/client-version-release-history#version-131552

いつものようにMicrosoft Download Centerよりダウンロード可能です。
※こちらをインストールするには.NET Framework 4.5.2 以上が事前にインストールされている必要がありますのでご注意下さい。

エクスプローラーから右クリックで暗号化できたりとか、ラベルを使用した場合のログを残せたりとか。UIも若干変わりましたね。
利用イメージです。

暗号化したいファイルをエクスプローラーから右クリック。

編集画面がひらきます。

適用ボタンをクリックすると完了です。

また、Sharepoint Online サイト上から暗号化されたPDFをAIPビューアーでそのまま閲覧することもできます。
Sharepointサイト上の暗号化されたPDFファイルを [保存] -[ファイルを開く]をクリックします。

AIPビューアーが起動します。

それ以外では、PowerShellにてローカルやネットワーク共有されたファイルを暗号化するモジュールをRMSProtectionモジュールとして提供されたりとかですね。

ドキュメントの暗号化としてAIPの認知度が広まってきていますね。ぜひお試しください。

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。