Office 365とAzure Information Protectionでメール自動暗号化

最近、Office 365をご利用のお客様がAzure Information Protection(以下、AIP)をご契約されることが増えてきています。
あるOffice 365をご契約のお客様がAIPをご検討されており、以下のようなご質問をいただいました。

「社員に社外へメールを送るときには暗号化をするように言ってもきっと忘れちゃうんだよね‥。メール送るときに自動で暗号化させたいんだけど」

自動暗号化というキーワードでAIPの機能を見ていると実装不可能?と思いがちなのですが、今回のようにOffice 365(Exchange Online)をご利用いただいていれば実現可能なんです。

事前準備

必要なライセンス:Exchange Online およびAIP P1

最初に行う設定:AIPの有効化のため以下のPowerShellを実行します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
$UserCredential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session
Set-IRMConfiguration -RMSOnlineKeySharingLocation “https://sp-rms.ap.aadrm.com/TenantManagement/ServicePartner.svc”
Import-RMSTrustedPublishingDomain -RMSOnline -Name “RMS Online”
※アジア以外の地域の場合や詳細は以下のURLをご参照ください。
※PowerShellが反映されるまでにタイムラグが(けっこう)必要な場合もあります

Exchange 管理センターからルールを設定

[メールフロー]-[ルールの新規作成]で新しいルールを作成します。「メッセージのセキュリティを変更する」からメッセージの暗号化を選択できます。

また、どのようなときに暗号化するかという設定も状況に応じて選択できます。

管理者が設定さえしておけば、社員は無意識に暗号化されたメールを送信することができます。
送信先のメールアドレスはとくに選ぶことがないので、安心ですね。

送信者の対応

では送信者にはどのように届くかというと、暗号化されているというメッセージとともにHTMLファイルが添付されたメールが届きます。

HTMLファイルをクリックすると、マイクロソフトアカウントでサインインする画面が表示されます。もしマイクロソフトアカウントがなく、作成したくない場合にはワンタイムパスコードでの利用も可能です。


これなら送信された側もユーザーも大きな負担はかかりませんね。
Office 365 同様、AIPも試用版の利用が可能ですので、ぜひお試しください。

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。