Office 365 メールに関する仕様変更にご注意ください

お知らせです。
以前からアナウンスがありましたが、Office 365 では TLSの脆弱性対策でTLS1.0 / 1.1 を無効化しTLS1.2での接続に統一されます。
2018年3月1日を予定しているそうです。

クライアント版(PCへインストールする)OutlookをWindows 7、Windows 8でご利用の場合、TLS1.2で接続できるようにレジストリの編集が必要になります。
Windows 8.1 やWindows 10 の場合は元々TLS1.2を利用するように設定されているので何の作業も必要ありません。

以下のOutlookサポートチームBlog に情報が掲載されています。
「Outlook 2016/2013/2010 から Exchange Online に接続する際に TLS 1.2 が利用されるようにする方法」

ブラウザからのメール利用は従来とかわりありません。
日数の猶予がありませんので、ご対応の検討をおすすめいたします。

※あくまで現時点(2018.01中旬)での情報です。
なにか変更情報が入手できた場合はまた更新いたします。


(追記:2018.02.13)

2018.02.10 付けで本対応を2018.10.31まで延期する旨の発表がありました。

半年強の猶予ができましたので、しっかり対策を検討できますね。

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。