Office 365 ProPlus サポートポリシーの変更

Office 365利用企業やユーザーにとってインパクトのある情報がマイクロソフトより発表されました。多くの企業からのフィードバックを受けて変更に踏み切ったようです。

■対象とするOSの変更

(従来まで)

「2020年10月13日からは、Windows 10 SAC(半期更新チャネル)およびWindows Server 2016、つまりメインストリームサポート対象のOSのみOffice 365 ProPlusのサポートが保証されていました。

(変更後)

Windows 7のESU(拡張セキュリティアップデート:有償)であれば2023年1月まで365 ProPlusをサポートされます。

Windows 8.1も同様に2023年1月までOffice 365 ProPlusをサポートされます。

 

■Office アプリケーションの変更

 

(従来まで)

Office 365への接続は、メインストリームサポート期間のOfficeのみ可能でした。延長サポートフェーズでは許可されていなかったのでOffice 2016も接続は許可されませんでした。

(変更後)

Office 2016も2023年10月までOffice 365への接続をサポートされます。

 

詳細はマイクロソフトブログ(英語版)にてご確認ください。

2018年9月下旬にUSで開催される大型イベント:Igniteでさらに詳細が発表されるようです。Windows 7 ESUのコストも気になるところですね。

新しい情報がはいったらまたお知らせします。

 

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。