Office 365 のアドオン利用時の注意ポイント

Office 365には多くのベンダーからアドオンサービスが提供されています。

シングルサインオンやパスワードポリシー強化の実装のためにアドオンを利用される場合もあるでしょう。

ですが、認証系のアドオンを社内のActive Directoryと連携せずに利用する場合には注意が必要です。

そのままアドオンサービスの利用をつづけるならばよいのですが、他サービスへ切り替える場合には「immutable Id」の値を更新してあげる必要があります。

Active Directoryとの連携をせず認証系のアドオンのみ利用していると「immutable Id」の値はベンダーの認証サービスによって独自の値がセットされます。解約予定のアドオンサービスとご利用のOffice 365テナントのフェデレーションをはずすだけでは「immutable Id」の値は元に戻りませんので注意しましょう。

そのまま他のアドオン認証サービスと新たにフェデレーションを構成しても、すでに存在するユーザーは認識されずエラーとなったり、同一アカウントをもつ別ユーザーが作成されてしまいます。

※このあたりのユーザーのマッチングについてのお話しは以下のマイクロソフトのサイトが参考になります。

「Azure AD (Office 365) 上のユーザーをオンプレミス Active Directory ユーザーと紐付ける方法について」

そのため、旧アドオンとのフェデレーションを外した後で、新たなアドオンの「immutable Id」に合わせてあげる必要があります。

現在の「immutable Id」を確認するのは以下のPowershell コマンドレットを利用します。

Get-MsolUser -UserPrincipalName “対象ユーザーの UPN” | fl

新たな「Immutable Id」に値をセットするにはこちらのコマンドレットになります。

Set-MsolUser -UserPrincipalName 対象ユーザのUPN -ImmutableId 更新したいimmutableID

新たなベンダーの利用している「Immutable Id」については、切り替えを始める前に事前に確認をしておきましょう。また、検証環境でいったん試してみることをお勧めいたします。

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft 認定トレーナー (ITPro) です。 Office Servers and Services for Microsoft MVP (2015)を受賞いたしました。