Outlook on the Web (Ootw)管理者による制御

クライアント(デスクトップ)版の Outlook を使用させずに、Web版のOutlook つまり、Outlook on the Web (Ootw) で Office 365 (Exchange Online)を社内展開される企業も決して少なくないようです。
その場合、管理者としてはユーザからの問い合わせを少なくするためにも「余計な機能はあらかじめ制御しておきたい」と考えますね。

今回は「管理者が一括で設定できませんか?」とご質問をいただくことが多い項目をご紹介します。

  1. 優先受信トレイの初期値変更

今まで別のメーラーを利用していたユーザは、優先受信トレイにメールが入らなかった場合に「メールが届かない」と判断してしまうこともあるようです。ならば最初から優先受信トレイを無効にしておいた方が良さそうですね。

ユーザが自身で設定する場合にはOutlook on the Web 画面の設定(歯車マーク)メニューに「優先トレイ」のオン・オフを切り替えることが可能です。(デフォルトはオン)

管理者が一括で行う場合には以下のPowershellで設定します。

Set-OrganizationConfig -FocusedInboxOn $false

※このコマンド利用には、事前にExchange OnlineへPowershellでリモート接続してください。詳細な手順はMicrosoft のサイトをご参照ください。

※管理者が一括設定したあとに、ユーザが設定画面より有効化することも可能です。(よって、完全に無効化することは不可能です)

2.リッチテキスト形式による送信制御

送信先のメーラーによってはHTML形式を受け付けないこともあるため、このあたりも管理者としては制御しておきたいようです。

こちらは「Exchange 管理センター」 - 「メールフロー」 - 「リモートドメイン」のプロパティで「リッチテキスト形式の使用」にて「許可しない」にチェックを変更することで設定可能です。

 

 

 

 

 

 

最近は新機能も増えてきて、Outlook On the Webも以前より使い勝手はよくなってきました。利用者が増えるとその分ご要望も増えてきますね。またの機会に別のご質問とその対応について投稿しようと思います。

投稿者: Mari Miyakawa

Microsoft MVP for Office Apps & Services (2015~)を継続受賞中です。 Office 365 / EMS / Active Directory などのカスタマイズトレーニングや技術支援、記事投稿などを行っています。