Teams クライアントが自動インストールされます

Office 365 でProplus をインストールすると、Teamsのクライアントも同時にインストールされるようになります。

従来はTeamsアプリはWeb版のTeamsからインストールをしていたので、今後Proplusを導入するユーザに対して処理が煩雑にならずに済みますね。

※アップデートのタイミングについてはTeamsだけ2週間ごとの更新となるため、他のアプリとは異なるようです。

ただ、企業によってはまだTeamsの展開が進んでいない場合もあると思います。

「Office 展開ツール」をカスタマイズすることで、一旦クライアントは除外した状態でProplusをインストールすることが可能です。

configuration.xml ファイルで、ExcludeApp 要素「 <ExcludeApp ID=”Teams” />」の一行を追記します。

イントールされた後で削除したい場合には、コントロールパネル-プログラムと機能から削除可能です。

詳細は以下のマイクロソフトのサイトをご参照ください

 

 

 

 

 

Office 365 のアドオン利用時の注意ポイント

Office 365には多くのベンダーからアドオンサービスが提供されています。

シングルサインオンやパスワードポリシー強化の実装のためにアドオンを利用される場合もあるでしょう。

ですが、認証系のアドオンを社内のActive Directoryと連携せずに利用する場合には注意が必要です。

そのままアドオンサービスの利用をつづけるならばよいのですが、他サービスへ切り替える場合には「immutable Id」の値を更新してあげる必要があります。

Active Directoryとの連携をせず認証系のアドオンのみ利用していると「immutable Id」の値はベンダーの認証サービスによって独自の値がセットされます。解約予定のアドオンサービスとご利用のOffice 365テナントのフェデレーションをはずすだけでは「immutable Id」の値は元に戻りませんので注意しましょう。

そのまま他のアドオン認証サービスと新たにフェデレーションを構成しても、すでに存在するユーザーは認識されずエラーとなったり、同一アカウントをもつ別ユーザーが作成されてしまいます。

※このあたりのユーザーのマッチングについてのお話しは以下のマイクロソフトのサイトが参考になります。

「Azure AD (Office 365) 上のユーザーをオンプレミス Active Directory ユーザーと紐付ける方法について」

そのため、旧アドオンとのフェデレーションを外した後で、新たなアドオンの「immutable Id」に合わせてあげる必要があります。

現在の「immutable Id」を確認するのは以下のPowershell コマンドレットを利用します。

Get-MsolUser -UserPrincipalName “対象ユーザーの UPN” | fl

新たな「Immutable Id」に値をセットするにはこちらのコマンドレットになります。

Set-MsolUser -UserPrincipalName 対象ユーザのUPN -ImmutableId 更新したいimmutableID

新たなベンダーの利用している「Immutable Id」については、切り替えを始める前に事前に確認をしておきましょう。また、検証環境でいったん試してみることをお勧めいたします。

Teams のネットワーク要件

Skype for Businessでもそうだったように、Teamsも利用はじめる前に貴になるが帯域幅の問題です。

推奨とされる帯域幅の情報は以下のマイクロソフトのページをご参照ください。

帯域幅の計画

  • ツールのダウンロード

自社の環境がこの既定値にそっているかを確認するためにNetwork Assessment Toolが利用できます。まずはこのツールをダウンロードしましょう。

ダウンロードし解凍後、作業用のフォルダを作成し、そのフォルダへコピーしてから実行しましょう。

  • 検証期間

ネットワーク状況を確認するためには、取得するデータを日中、および夜間などいくつかのパターンで複数日実行するほうがより正確な状況把握が可能となります。夜間に取得したデータでも推奨値を下回る場合にはNWの増強など検討が必要となるでしょう。検証結果が必要な日からさかのぼりツール実行日数を確保してください。

・実行について

解凍したファイル類のなかに「NetworkAssessmentTool.exe.config」が含まれています。実行回数や結果のファイル出力先など必要に応じてカスタマイズが可能です。

実行するには「NetworkAssessmentTool.exe」を管理者権限で実行します。

・結果

ツールを実行すると「performance_results.tsv」というファイルが作成されます。(上記Configファイルを編集しなかった場合は既定でC:\users\ユーザー名\appdata\Local\microsoft skype for Business Network AssessmentToolに作成されます)

結果のなかから「パケットロス」「パケットジッター」「パケットリオーダー」の値を確認し、上記のマイクロソフト推奨値と比較してみましょう。ひとつの目安になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Skype for Business から TeamsへのUpgrade(追記)

2019年も本Blogをよろしくお願いいたします。
年があけ、Teamsへの移行も加速されているようです。
昨年にも本ブログにてTeamsへの移行についてご紹介しましたが、今回はその追加情報となります。

自動アップグレードの通知が来たというユーザー企業からよく問い合わせを受けるのが、「他企業からきたSkype for Businessの会議招待にはどう参加すればよいのか?」ということです。以下がその回答です。

・自動アップグレード後でもSkype for Businessの会議に参加できます。

自動アップグレードの前に会議予約されたSkype会議はTeams会議に自動変換されることはありませんので、従来通りSkype会議として実施するということですね。Skype for businessのクライアントは自動アップグレードの際に自動アンインストールされることはありません。よって、従来通りSkype会議が実施可能です。

また、やはりTeamsへのアップグレードに猶予が欲しいという場合、サービスリクエストから「延期申請」の旨を連絡するという方法以外に、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターから延期申請ボタンをクリックするという方法も利用できます。

テナントの全体管理者に「アップグレード」に関する通知が届いている場合は、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターのダッシュボード上に「Postpone Upgare(アップグレード延期)」ボタンが表示されます。

※アップグレード通知メールが送信されているのもかかわらず、ダッシュボードに上記ボタンが表示されない場合はサービスリクエストへ延期申請いただく方が確実です。

※上記ボタンでの延期申請は1度限りのようです。2回目以降の延期申請についてはサービスリクエスト経由となります。

※マイクロソフトによる延期処理には48時間程度かかるそうです。余裕を持った申請が必要ですね。

また追加情報がありしだいご紹介したいと思います。

 

Office 365 サインイン履歴

この投稿はOffice 365 Advent Calendar 2018に参加しています

気が付けばもう師走・・ということで、2018年にお客様によく聞かれてOK「へー」と思ったことを投稿しておこうと思います。

管理者が自社のユーザーのサインイン(ログイン)の履歴を取得したいというのはよく聞くのですが、今年は「ユーザー自身がそれを取得するにはどうしたらよいか?」というものでした。

方法はいくつかあって、予算と管理者にPower BI(PowerAppsなど)を扱える(学習する余力がある?)のであれば、Azure AD P1のライセンスを購入し管理者が取得した履歴情報をPower BI(Power Apps)で配布というやり方が想像できます。

ですが、今は師走。時間もお金もない!という方に(期間限定?)の朗報があります。

パブリックプレビューなのですがMy Sign-Ins という機能が利用できます。

ブラウザでURLにアクセスしOffice 365 アカウントでサインインするだけ。もちろんユーザー権限で利用できます。

アクセス日時の他、詳細画面ではOSやブラウザ、アクセスしたサービスやアクセス場所の情報も記載されています。

 

 

 

 

現在は無料で利用できます。

※もしかするとパブリックプレビューが終了した段階でAzure AD P1のライセンスが必要になるのかも・・・?(状況が変わることがあればまたこのBlogでお知らせします)

非常に便利だと思います。ぜひご確認ください。

Microsoft Teams の機能追加要望

Microsoft Teamsはまだまだこれから盛り上がると思われるソリューションのひとつです。
Microsoftは、ユーザーの声を反映すべく追加機能要望のWebサイトを用意しています。

英語が書けなくても大丈夫です。
もうすでに要望(リクエスト)があがっており、共感できるものがあれば投票ボタンをポチッとすればOKです。

私は「チャットの既読機能」(LINEではおなじみですね)に投票していたのですが、先日以下のようなメールが届きました。

リクエストが採用されたという連絡です。
Microsoft Teamsにチャットの既読機能が追加されるべく開発作業にはいったということですね。

ちなみに、連絡がきたときの投票数(要望数)は1,332件でした。
一概に投票数の多い順というわけではないみたいですが、多ければ検討にははいってくれるはず。

投票は以下のサイトで行えます。ぜひ活用してよりMicrosoft Teamsを便利に使っていきましょう。

Microsoft Teams FeedBack by uservoice

Skype for Business から TeamsへのUpgrade

こちらのマイクロソフトブログサイトにも周知がありました。

10月より500名以下かつ、チャットと会議機能のみをお使いのSkype for Business OnlineユーザーのOffice365テナントへTeamsへの自動アップデートが順次開始されます。

事前にマイクロソフトより「あなたのテナントはいつ頃開始します」というニュアンスのメールが配信されるので、まだ準備(Teamsの周知など)が整っていない場合は「延期申請」も可能です。送られてきたメールにその方法も記載されてくるそうなので見逃さないようにしましょう。

では、アップグレードされると何が起こるのか?という部分を以下に記載します。

・すべてのチャット、通話は Teams で受信
・会議は Teams 会議で予約
・Skype for Business クライアントでチャット、通話、会議予約が機能しない
・ユーザーが Skype for Business にサインインすると Teams にリダイレクトされる
・Skype 会議に参加はできる
・Teams Outlook アドインが有効になる
・Skype for Business Outlook アドインが無効になる
・Skype for Business の連絡先が Teams に移行される
・HID プリファレンスが更新される(スピーカー/マイクが Skype for Business ではなく Teams に関連付けられる)
・Teams コーチ マーク、初回実行のエクスペリエンスが実行される
・Outlook の人物情報ウィンドウから Teams のチャットを呼び出す
・OWA が Teams と連携する

多少でもTeamsを利用した経験があれば、パニックになるということはなさそうですね。

また、自動アップデート後に万が一不具合が起きた場合はSkype for Businessへ戻すことも可能です。
その場合は管理者にて「サービスリクエスト」をあげる必要があります。
Skype for Businessについてもすぐに利用停止やサポート停止になることはなさそうです。
使い慣れたツールの方が利用しやすい部分もあると思いますので、業務都合に合わせて徐々にTeamsをユーザーへ展開していけるといいですね。

Microsoft Teams 新機能 Fall 2018

先月末行われていたMicrosoft  Ignite 2018 をかわきりに多くの機能や製品がGAとなっています。
今回はMicrosoft Teams の会議機能で個人的にうれしい新機能を2点ご紹介します。

■オンライン会議時の背景ぼかし機能

これは多くのみなさんに人気がある機能ですね。
テレワーク実施時、ご自宅からオンライン会議をされることも多いと思います。
(日本ではカメラオフで行うこともめずらしくありませんが・・・)
やはりご自宅だと生活感がでてしまいます。そのたびに片付けるのも・・ということで
本人以外を「ぼかす」ことができる機能です。

■Teamsでのオンライン会議の録画

Teamsでも録画が可能となっています。

録画されたデータはMicrosoft Stream上に保管されます。
もちろん選択した相手やチームへ共有も可能。

Skype for businessでも人気のあった録画機能。これで益々Teamsの活用の幅が広げられますね。

その他Microsoft Igniteで発表されたTeamsの新機能はこちらからご参照ください。

Office 365 に最適な仮想デスクトップ ~Windows Virtual Desktop~

先週開催されたMicrosoft Igniteではインパクトのある発表が数多く発表されました。
その中でも、「Windows Virtual Desktop(WVA)」はみなさん驚かれたのではないでしょうか?

Azure上のサービスとして利用可能な仮想デスクトップで、OSはWindows 10 EnterpriseおよびWindows 7 ESU(拡張セキュリティアップデート対応版)が利用できます。Office 365 ProPlusもサポート対象となります。

またライセンスはMicrosoft 365 E3、E5、または F1 か、Windows E3 または E5をもっていると接続が可能です。

あと、かかるコストは利用時間に準じる従量課金となります。

ですが、WVAではVirtual Machine Reserved Instances を利用することも可能になっています。(年間で仮想マシンの利用料を前払いする仕組みで、通常よりお得に利用できるというサービスオプション)。イメージとしてはマシンのスペックにもよりますが、24時間・365日の稼働でも1台あたり年間10万はかるく下回るの見込みのようです。

一般的な仮想デスクトップシステムはセキュリティの観点から注目はあびていますが、使用料、VDAライセンス、大規模な構築などが必要とされるため躊躇される場合もあるかと思います。

検討材料のひとつとしてWVAを試してみたいところですね。

2018年内にはトライアルが開始できるようです。こちらのページへ登録しておくと開始可能になったときに通知してもらえます。公開が待ち遠しいですね。

Office 365 ProPlus サポートポリシーの変更

Office 365利用企業やユーザーにとってインパクトのある情報がマイクロソフトより発表されました。多くの企業からのフィードバックを受けて変更に踏み切ったようです。

■対象とするOSの変更

(従来まで)

「2020年10月13日からは、Windows 10 SAC(半期更新チャネル)およびWindows Server 2016、つまりメインストリームサポート対象のOSのみOffice 365 ProPlusのサポートが保証されていました。

(変更後)

Windows 7のESU(拡張セキュリティアップデート:有償)であれば2023年1月まで365 ProPlusをサポートされます。

Windows 8.1も同様に2023年1月までOffice 365 ProPlusをサポートされます。

 

■Office アプリケーションの変更

 

(従来まで)

Office 365への接続は、メインストリームサポート期間のOfficeのみ可能でした。延長サポートフェーズでは許可されていなかったのでOffice 2016も接続は許可されませんでした。

(変更後)

Office 2016も2023年10月までOffice 365への接続をサポートされます。

 

詳細はマイクロソフトブログ(英語版)にてご確認ください。

2018年9月下旬にUSで開催される大型イベント:Igniteでさらに詳細が発表されるようです。Windows 7 ESUのコストも気になるところですね。

新しい情報がはいったらまたお知らせします。