Microsoft365に含まれるOffice365

来る2020年1月のWindows 7サポート終了に向けて、各企業では検討や準備が進められているようです。

Windows 10 とともに情報収集されているソリューションとして「Microsoft 365」もお客様からの話題にあげられることが増えてきました。

その中で最近よく耳にするのが「Microsoft 365を契約するとOffice 365のサービスが全部使えるの?」という質問です。

Microsoft 365がメジャーになってきたなと感心しつつもこのあたりをいったん整理した方がよさそうだと感じました。今回は企業向けプランである2つのプランで確認してみます。(※あくまで現時点2018年4月中旬の情報です。)

■ Microsoft 365 Enterprise

Enterprise プランではさらにE3 / E5 の2種類に分けられます。

■ Microsoft 365 Business

従来の Office 365 のプランから主要サービスのみ抜き出したような印象です。主要サービス以外でもファンの多い「Planner」や「Flow」などは現時点では利用できません。ただそこはクラウドサービス。今後サービスが追加される可能性は高いと思います。

 

Microsoft 365 が発表されました

ワシントンDCではグローバールなMicrosoft パートナー向けイベント「Inspire 2017」が開催されています。昨晩 (日本時間) の Keynoteでは「Microsoft 365」の発売が発表されました。

Office 365が名称変更?というわけではありません。

microsoft365-1

「Office 365」+「Windows 10」+「Enterprise Mobility +Security」の製品・サービスから「Creativity」・「Teamwork」・「Simplicity」・「Security」をテーマとして統合されたパッケージサービスのようです。

microsoft365-2

たとえば、「TeamWork」というキーワードには Office 365 で最近話題の Teams  やSkype for Business。当然Exchange online も含まれます。Security には Intune や AIP も入っています。

Office 365、Windows 10、EMSはこれまでも合わせてご利用いただけるとより効果を発揮できる・・とご紹介をしていたものなので、それをパッケージとしてよりご案内しやすくなった感じですね。

また、ただセットにしただけではなく、最近話題の「AI」の要素も組み込まれています。

今までもMyAnalyticsではAIが組み込まれていますが、Keynoteでは「Outlookで重要なメールを 「AI」 が選別して強調表示するという紹介がされていました。今後、ExcelなどOffice アプリケーションにもAI要素が含まれるようです。もう「AIは他人事・・」という訳にはいきません。

さて、販売されるMicrosoft 365のプランは EnterpriseとBusinessの2種類です。

Enterpriseが大企業向け(300名以上)、Businessが中小企業(300名以下)という区分けになっています。

詳細な情報はこれから増えてくると思われますが、現時点の情報は以下のサイトでも確認できます。

Microsoft 公式Blog(英語)

https://blogs.office.com/en-us/2017/07/10/introducing-microsoft-365/

Public Key(オンライン記事 日本語)

まずは8月からEnterpriseプランが提供されるようです。楽しみですね。