Microsoft Teams フリー登場

従来はMicrosoft Teams を利用するには、Office 365 のセットプランを契約する必要がありました。
単品プランでの利用すらできなかったのでなかなか試すことができない方も多かったのではないでしょうか。

先日、突如あらわれました。「Microsoft Teams フリー(無料)バージョン」

製品版と比べると、フリー版は1ユーザー1TBのストレージ容量という制限やOffice アプリケーションとの連携が不可(onlineは可能)など機能に差はありますが
「まず利用してみる」というスタンスにはとても良いものだと思います。

Microsoft Teamsの対抗馬としてよくあげられる「Slack」はなんといっても無料なので。
これでMicrosoft Teamsを利用するユーザーがどこまで増えるのか楽しみです。

ただ、個人的に残念なのが機能制限でもよいので簡易的でも監査機能はつけてほしかった。
そういう意味では企業での利用というよりはプライベートでの気軽な利用といった印象に近いようです。

Microsoft Teams フリー版ダウンロードと製品版とのフリー版の比較は以下をご覧ください。

Microsoft Teams を無料で

Microsoft Teams の操作ログ

Microsoft Teams をご利用されている企業が増えていることをお客様との会話のなかで実感することが多くなりました。新年度から利用を計画されている企業もあるのではないでしょうか。

今までなかったのが不思議ですが、まもなく「Teams 管理センター」が展開されるようです。私のテナントにはまだ反映されていませんが、もう間もなくのようです。詳細はこちらでご確認ください。

さて、今回はTeamsの監査方法についてです。IT管理をされる部署で必ずご質問いただくものに「ログの取得」があります。Teamsでは「チームの作成」や「チームの削除」、「変更された設定」など様々なログが取得できます。

ただし、ログ取得するには最初に設定を「有効」にする必要があります。デフォルトでは「無効」になっていますのでご注意ください。ログ取得可能なのは「有効」に設定した時点からになります。

「セキュリティ/コンプライアンス」―「検索と調査」―「監査ログの検索」をクリックし「ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する」をクリックします。

設定画面

 

 

 

 

 

メッセージが表示されるので「有効」をクリックします。

 

 

 

有効になった時点から以下画面の操作ログが取得できます。

監査内容

ぜひご活用ください。