共有PCモードによるProplusとBusinessのインストール条件

自分の備忘録もかねて投稿しておきます。

Office 365 から提供されるOffice アプリケーションであるProPlusおよびBusinessにはいくつかのインストール形態があり、その中のひとつに「共有PCモード」があります。

文字通り会社で複数名で利用されている共有PCにインストールする際のモードです。この「共有PCモード」によるインストールでは、「1 ID によるPCへのインストール制限:5台」を消費することなくOfficeアプリを利用することが可能です。

ただし、この「共有PCモード」でインストールが許可されているのはProPlusのみです。では、Businessの場合は共有PCで利用することができないのか?というと、以下の前提条件がクリアされていれば利用可能だそうです。

  • 前提条件

①共有PCを利用するメンバー(ユーザー)全員にBusinessのライセンスが付与されていること。

②共有PCを利用する際にはユーザープロファイルを切り替えてOfficeを利用すること。

  • Businessの場合のインストールの考え方

インストール時にはインストール作業を実施したユーザーのインストール可能台数からインストールしたPC台数分消費される。

※30日毎の認証については利用するユーザーのだれかが認証を実施すればよい。インストールしたユーザーに限られることはない。

上記の方法であればBusinessを共有PCで利用してもライセンス違反にはなりません。
ご参考まで。

Teams クライアントが自動インストールされます

Office 365 でProplus をインストールすると、Teamsのクライアントも同時にインストールされるようになります。

従来はTeamsアプリはWeb版のTeamsからインストールをしていたので、今後Proplusを導入するユーザに対して処理が煩雑にならずに済みますね。

※アップデートのタイミングについてはTeamsだけ2週間ごとの更新となるため、他のアプリとは異なるようです。

ただ、企業によってはまだTeamsの展開が進んでいない場合もあると思います。

「Office 展開ツール」をカスタマイズすることで、一旦クライアントは除外した状態でProplusをインストールすることが可能です。

configuration.xml ファイルで、ExcludeApp 要素「 <ExcludeApp ID=”Teams” />」の一行を追記します。

イントールされた後で削除したい場合には、コントロールパネル-プログラムと機能から削除可能です。

詳細は以下のマイクロソフトのサイトをご参照ください

 

 

 

 

 

Office 365 に最適な仮想デスクトップ ~Windows Virtual Desktop~

先週開催されたMicrosoft Igniteではインパクトのある発表が数多く発表されました。
その中でも、「Windows Virtual Desktop(WVA)」はみなさん驚かれたのではないでしょうか?

Azure上のサービスとして利用可能な仮想デスクトップで、OSはWindows 10 EnterpriseおよびWindows 7 ESU(拡張セキュリティアップデート対応版)が利用できます。Office 365 ProPlusもサポート対象となります。

またライセンスはMicrosoft 365 E3、E5、または F1 か、Windows E3 または E5をもっていると接続が可能です。

あと、かかるコストは利用時間に準じる従量課金となります。

ですが、WVAではVirtual Machine Reserved Instances を利用することも可能になっています。(年間で仮想マシンの利用料を前払いする仕組みで、通常よりお得に利用できるというサービスオプション)。イメージとしてはマシンのスペックにもよりますが、24時間・365日の稼働でも1台あたり年間10万はかるく下回るの見込みのようです。

一般的な仮想デスクトップシステムはセキュリティの観点から注目はあびていますが、使用料、VDAライセンス、大規模な構築などが必要とされるため躊躇される場合もあるかと思います。

検討材料のひとつとしてWVAを試してみたいところですね。

2018年内にはトライアルが開始できるようです。こちらのページへ登録しておくと開始可能になったときに通知してもらえます。公開が待ち遠しいですね。

Office 365 ProPlus サポートポリシーの変更

Office 365利用企業やユーザーにとってインパクトのある情報がマイクロソフトより発表されました。多くの企業からのフィードバックを受けて変更に踏み切ったようです。

■対象とするOSの変更

(従来まで)

「2020年10月13日からは、Windows 10 SAC(半期更新チャネル)およびWindows Server 2016、つまりメインストリームサポート対象のOSのみOffice 365 ProPlusのサポートが保証されていました。

(変更後)

Windows 7のESU(拡張セキュリティアップデート:有償)であれば2023年1月まで365 ProPlusをサポートされます。

Windows 8.1も同様に2023年1月までOffice 365 ProPlusをサポートされます。

 

■Office アプリケーションの変更

 

(従来まで)

Office 365への接続は、メインストリームサポート期間のOfficeのみ可能でした。延長サポートフェーズでは許可されていなかったのでOffice 2016も接続は許可されませんでした。

(変更後)

Office 2016も2023年10月までOffice 365への接続をサポートされます。

 

詳細はマイクロソフトブログ(英語版)にてご確認ください。

2018年9月下旬にUSで開催される大型イベント:Igniteでさらに詳細が発表されるようです。Windows 7 ESUのコストも気になるところですね。

新しい情報がはいったらまたお知らせします。