Azure AD Domain Services Azure Resource Manager 利用の状況

先日の de:code 2017 でご紹介した 「Azure Active Directory Domain Services)」。PaaS としてAzureにドメインコントローラーを実装しKerberos認証が利用できるサービスです。

 

 

Azure AD  Domain Services (以下、AADDS) が、Azure Resource Manager(Azure New ポータル)(以下、ARM)でプレビューとなりました。以下のようにARM画面で表示されます。

 

 

 

 

 

 

これまではクラシックポータルのみで作成可能。作成したAADDSにドメイン参加するマシンもクラシックポータルで作成されたものに限られていました。よって、ARMで作成されたマシンをAADDSのドメインへ参加させるにはvNet ピアリングを利用するなどの工夫が必要でした。

ようやくARMでAADDSが作成できるようになりましたが、やはり一筋縄ではいかない「プレビュー版」。残念ながら現時点(2017.07.中旬時点)では動作が不完全のようです。

そもそも、上記画面から作成したAADDSをARM画面上で確認することができません。

 

 

 

 

詳細リンクを確認してみると、「ARMではまだ対応できてないからクラシックポータルでみてね」と記載されています。

※作成して15分経過後にクラシックポータルをみましたが作成された情報は確認できませんでした。(本当に作成されたんだろうか・・・)

また、ネットワークについてもまだARM対応ができていないとのこと。これが一番肝なのですが。残念。

詳細はこちらをご参照ください。

「New Public Preview: Azure AD Domain Services admin UX in the new Azure Portal」

つまり、今回は「予告編」といった印象ですね。また更新情報あれば掲載したいと思います。