Office 365 に最適な仮想デスクトップ ~Windows Virtual Desktop~

先週開催されたMicrosoft Igniteではインパクトのある発表が数多く発表されました。
その中でも、「Windows Virtual Desktop(WVA)」はみなさん驚かれたのではないでしょうか?

Azure上のサービスとして利用可能な仮想デスクトップで、OSはWindows 10 EnterpriseおよびWindows 7 ESU(拡張セキュリティアップデート対応版)が利用できます。Office 365 ProPlusもサポート対象となります。

またライセンスはMicrosoft 365 E3、E5、または F1 か、Windows E3 または E5をもっていると接続が可能です。

あと、かかるコストは利用時間に準じる従量課金となります。

ですが、WVAではVirtual Machine Reserved Instances を利用することも可能になっています。(年間で仮想マシンの利用料を前払いする仕組みで、通常よりお得に利用できるというサービスオプション)。イメージとしてはマシンのスペックにもよりますが、24時間・365日の稼働でも1台あたり年間10万はかるく下回るの見込みのようです。

一般的な仮想デスクトップシステムはセキュリティの観点から注目はあびていますが、使用料、VDAライセンス、大規模な構築などが必要とされるため躊躇される場合もあるかと思います。

検討材料のひとつとしてWVAを試してみたいところですね。

2018年内にはトライアルが開始できるようです。こちらのページへ登録しておくと開始可能になったときに通知してもらえます。公開が待ち遠しいですね。

Microsoft 365 が発表されました

ワシントンDCではグローバールなMicrosoft パートナー向けイベント「Inspire 2017」が開催されています。昨晩 (日本時間) の Keynoteでは「Microsoft 365」の発売が発表されました。

Office 365が名称変更?というわけではありません。

microsoft365-1

「Office 365」+「Windows 10」+「Enterprise Mobility +Security」の製品・サービスから「Creativity」・「Teamwork」・「Simplicity」・「Security」をテーマとして統合されたパッケージサービスのようです。

microsoft365-2

たとえば、「TeamWork」というキーワードには Office 365 で最近話題の Teams  やSkype for Business。当然Exchange online も含まれます。Security には Intune や AIP も入っています。

Office 365、Windows 10、EMSはこれまでも合わせてご利用いただけるとより効果を発揮できる・・とご紹介をしていたものなので、それをパッケージとしてよりご案内しやすくなった感じですね。

また、ただセットにしただけではなく、最近話題の「AI」の要素も組み込まれています。

今までもMyAnalyticsではAIが組み込まれていますが、Keynoteでは「Outlookで重要なメールを 「AI」 が選別して強調表示するという紹介がされていました。今後、ExcelなどOffice アプリケーションにもAI要素が含まれるようです。もう「AIは他人事・・」という訳にはいきません。

さて、販売されるMicrosoft 365のプランは EnterpriseとBusinessの2種類です。

Enterpriseが大企業向け(300名以上)、Businessが中小企業(300名以下)という区分けになっています。

詳細な情報はこれから増えてくると思われますが、現時点の情報は以下のサイトでも確認できます。

Microsoft 公式Blog(英語)

https://blogs.office.com/en-us/2017/07/10/introducing-microsoft-365/

Public Key(オンライン記事 日本語)

まずは8月からEnterpriseプランが提供されるようです。楽しみですね。