Office 365 で予約管理- Stuff Hub と Microsoft Bookings

Stuff HubとMicrosoft Bookingsは、順次テナントに配信されておりますが「先行リリース」をオンにしておくと、配信が早くなります。(Stuff  Hub はまだパブリックプレビューのようです)

さて、これら2つのサービスですが、どちらも「予定、スケジュール」を管理することができます。
それぞれの特徴を比べてみたいと思います。

利用できるプラン

Stuff Hub:Office 365 K1、Enterprise E1/E3/E5
Microsoft Bookings:Office 365 Business Premium

利用方法

Stuff Hub

Stuff Hub:現在は以下のURLから利用します。Teams もそうだったように、じきにメニュー画面に登場すると思います。
https://staffhub.ms/

Office 365アカウントでサインインを行います(事前にライセンスは割り振っておいてください)
「チーム」、「スケジュール」、「ファイル」の3つのタブが確認できます。

チーム

ここからスケジュール(シフト)管理するメンバーを招待していきます。利用ユーザーも前述のライセンスが必要になります。

ファイル

ここではチームメンバーとのファイル共有が可能です。マニュアルなど共有しておけますね。

スケジュール

スタッフメンバーのシフト管理が可能です。
公開されたスケジュールはモバイルアプリからも確認できます。メンバー同士でシフトの確認、交換なども可能です。

Stuff Hubについては、利用者全員にライセンスが必要なことから、文字通りスタッフ間でのスケジュール管理という位置づけになります。

Microsoft Bookings

こちらはOffice 365 メニューから起動することができます。

最初にセッティング画面が表示され、次へ進むとメイン画面が表示されます。

Microsoft Bookingsは、「病院や美容院など店舗(施設)の担当者に対して予約を取る」という考え方です。
なので、予約をとる顧客側は不特定多数であり、Office 365 ライセンスは必要ありません。

予約操作

顧客はWeb、あるいはモバイルデバイスから公開されたWebページを利用して担当者に対して予約を入れます。


予約をすると入力したメールアドレスに確認メールや予約日近くにリマインダも送信されます。
そのメールからスケジュール変更やキャンセル画面へのリンクボタンがついてきます。

 

すでに予約された日時は選択画面に表示されなくなるのでダブルブッキングを防げぐことができます。

※ Microsoft Bookingsは、「担当者に対する予約」という考え方なので、「20人まで受け付け可能」という人数による制御は現時点では不可能です。(担当者を20人分登録しておく・・というやり方ならば可能ですが)

管理画面

管理画面からは、予約時間間隔(30分、15分など)や担当者の登録、FaceBookやTwitterと連携し、予約ボタンを表示させるなどの設定が可能です。また、予約不可能時間や担当者の休暇なども設定できます。

顧客同士はだれがどの時間を予約しているかは確認できないので、プライバシーも保たれます。

 
どちらもUIからの簡単な操作ですぐに利用できます。
試用版からもご利用できますので、ぜひお試しください。