Office 365 システム要件が変更されます

2020年は東京オリンピック開催の年なのですが、ITの世界でも色々なことが起こるようです。
Microsoftの製品では、以下の製品が延長サポート期限が終了になります。

Windows Server 2008 / 2008 R2

Windows 7

Microsoft Office 2010

これらの製品の組み合わせって多いですよね。お客様先でもWindows 7をよく見かけます。ADもWindows Server 2008 R2で動いてたりして。
そして、先日こんな発表がありました。

Office 365 のシステム要件が変わります。

2020年10月13日までの Office 365 システム要件

Office 365 は、最新のブラウザーと最新バージョンの Office (Office 365 ProPlus およびメインストリームサポートフェーズの Office) で動作します
延長サポートフェーズの Office からも接続はできますが、パフォーマンスは徐々に低下します

2020年10月13日移行のOffice 365 システム要件

Office 365 は Office 365 ProPlus およびメインストリームサポートフェーズの Office からのみ接続できます (推奨は Office 365 ProPlus)
延長サポートフェーズの Office からの接続はできません

システム要件変更には以下のような要因があったようです。

  • 従来のように多くのバージョンが混在することでOffice 365の最新機能を利用する際にクラウド連携部分などでトラブルが起こるケースがふえていること
  •  延長サポートフェーズのOffice クライアントでも接続は可能だったが、徐々にパフォーマンスが低下する仕様であることから管理者の負荷が高くなること(この仕様は気づきませんでした)
  •  セキュリティ対応が遅れる可能性が高いこと
  •  延長サポートフェーズのOffice クライアントのプロトコルは古いためクラウドサービスの機能制限がでてしまうこと(ADAL使えないですもんね)

<参照>
Office 365 Blog

2020年だからまだまだ先…と思っていませんか?
Windows 7 やWindows Server 2008 / R2をご利用の場合はそちらの移行対応もありますよ

スムーズな移行を行うために移行計画を早めに立てましょう