Microsoft365に含まれるOffice365

来る2020年1月のWindows 7サポート終了に向けて、各企業では検討や準備が進められているようです。

Windows 10 とともに情報収集されているソリューションとして「Microsoft 365」もお客様からの話題にあげられることが増えてきました。

その中で最近よく耳にするのが「Microsoft 365を契約するとOffice 365のサービスが全部使えるの?」という質問です。

Microsoft 365がメジャーになってきたなと感心しつつもこのあたりをいったん整理した方がよさそうだと感じました。今回は企業向けプランである2つのプランで確認してみます。(※あくまで現時点2018年4月中旬の情報です。)

■ Microsoft 365 Enterprise

Enterprise プランではさらにE3 / E5 の2種類に分けられます。

■ Microsoft 365 Business

従来の Office 365 のプランから主要サービスのみ抜き出したような印象です。主要サービス以外でもファンの多い「Planner」や「Flow」などは現時点では利用できません。ただそこはクラウドサービス。今後サービスが追加される可能性は高いと思います。

 

Power BI の共有

本日マイクロソフトで行われた「Power BI 勉強会#3」でLT登壇しました。

なかなかの盛況ぶりでキャンセル待ちも出ていました。Power BI 人気が高まっていますね。ほぼ定期的に実施されておりますので興味ある方はぜひ次回ご参加ください。

本日の登壇資料は以下でご覧いただけます。

SlideShare:「Power BIの共有

Azure Information Protection Client の新バージョン

先日、新バージョン(Ver 1.3.155.2) がリリースされました。
https://docs.microsoft.com/en-us/information-protection/rms-client/client-version-release-history#version-131552

いつものようにMicrosoft Download Centerよりダウンロード可能です。
※こちらをインストールするには.NET Framework 4.5.2 以上が事前にインストールされている必要がありますのでご注意下さい。

エクスプローラーから右クリックで暗号化できたりとか、ラベルを使用した場合のログを残せたりとか。UIも若干変わりましたね。
利用イメージです。

暗号化したいファイルをエクスプローラーから右クリック。

編集画面がひらきます。

適用ボタンをクリックすると完了です。

また、Sharepoint Online サイト上から暗号化されたPDFをAIPビューアーでそのまま閲覧することもできます。
Sharepointサイト上の暗号化されたPDFファイルを [保存] -[ファイルを開く]をクリックします。

AIPビューアーが起動します。

それ以外では、PowerShellにてローカルやネットワーク共有されたファイルを暗号化するモジュールをRMSProtectionモジュールとして提供されたりとかですね。

ドキュメントの暗号化としてAIPの認知度が広まってきていますね。ぜひお試しください。