共有PCモードによるProplusとBusinessのインストール条件

自分の備忘録もかねて投稿しておきます。

Office 365 から提供されるOffice アプリケーションであるProPlusおよびBusinessにはいくつかのインストール形態があり、その中のひとつに「共有PCモード」があります。

文字通り会社で複数名で利用されている共有PCにインストールする際のモードです。この「共有PCモード」によるインストールでは、「1 ID によるPCへのインストール制限:5台」を消費することなくOfficeアプリを利用することが可能です。

ただし、この「共有PCモード」でインストールが許可されているのはProPlusのみです。では、Businessの場合は共有PCで利用することができないのか?というと、以下の前提条件がクリアされていれば利用可能だそうです。

  • 前提条件

①共有PCを利用するメンバー(ユーザー)全員にBusinessのライセンスが付与されていること。

②共有PCを利用する際にはユーザープロファイルを切り替えてOfficeを利用すること。

  • Businessの場合のインストールの考え方

インストール時にはインストール作業を実施したユーザーのインストール可能台数からインストールしたPC台数分消費される。

※30日毎の認証については利用するユーザーのだれかが認証を実施すればよい。インストールしたユーザーに限られることはない。

上記の方法であればBusinessを共有PCで利用してもライセンス違反にはなりません。
ご参考まで。

Teams のネットワーク要件

Skype for Businessでもそうだったように、Teamsも利用はじめる前に貴になるが帯域幅の問題です。

推奨とされる帯域幅の情報は以下のマイクロソフトのページをご参照ください。

帯域幅の計画

  • ツールのダウンロード

自社の環境がこの既定値にそっているかを確認するためにNetwork Assessment Toolが利用できます。まずはこのツールをダウンロードしましょう。

ダウンロードし解凍後、作業用のフォルダを作成し、そのフォルダへコピーしてから実行しましょう。

  • 検証期間

ネットワーク状況を確認するためには、取得するデータを日中、および夜間などいくつかのパターンで複数日実行するほうがより正確な状況把握が可能となります。夜間に取得したデータでも推奨値を下回る場合にはNWの増強など検討が必要となるでしょう。検証結果が必要な日からさかのぼりツール実行日数を確保してください。

・実行について

解凍したファイル類のなかに「NetworkAssessmentTool.exe.config」が含まれています。実行回数や結果のファイル出力先など必要に応じてカスタマイズが可能です。

実行するには「NetworkAssessmentTool.exe」を管理者権限で実行します。

・結果

ツールを実行すると「performance_results.tsv」というファイルが作成されます。(上記Configファイルを編集しなかった場合は既定でC:\users\ユーザー名\appdata\Local\microsoft skype for Business Network AssessmentToolに作成されます)

結果のなかから「パケットロス」「パケットジッター」「パケットリオーダー」の値を確認し、上記のマイクロソフト推奨値と比較してみましょう。ひとつの目安になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Skype for Business から TeamsへのUpgrade(追記)

2019年も本Blogをよろしくお願いいたします。
年があけ、Teamsへの移行も加速されているようです。
昨年にも本ブログにてTeamsへの移行についてご紹介しましたが、今回はその追加情報となります。

自動アップグレードの通知が来たというユーザー企業からよく問い合わせを受けるのが、「他企業からきたSkype for Businessの会議招待にはどう参加すればよいのか?」ということです。以下がその回答です。

・自動アップグレード後でもSkype for Businessの会議に参加できます。

自動アップグレードの前に会議予約されたSkype会議はTeams会議に自動変換されることはありませんので、従来通りSkype会議として実施するということですね。Skype for businessのクライアントは自動アップグレードの際に自動アンインストールされることはありません。よって、従来通りSkype会議が実施可能です。

また、やはりTeamsへのアップグレードに猶予が欲しいという場合、サービスリクエストから「延期申請」の旨を連絡するという方法以外に、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターから延期申請ボタンをクリックするという方法も利用できます。

テナントの全体管理者に「アップグレード」に関する通知が届いている場合は、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターのダッシュボード上に「Postpone Upgare(アップグレード延期)」ボタンが表示されます。

※アップグレード通知メールが送信されているのもかかわらず、ダッシュボードに上記ボタンが表示されない場合はサービスリクエストへ延期申請いただく方が確実です。

※上記ボタンでの延期申請は1度限りのようです。2回目以降の延期申請についてはサービスリクエスト経由となります。

※マイクロソフトによる延期処理には48時間程度かかるそうです。余裕を持った申請が必要ですね。

また追加情報がありしだいご紹介したいと思います。

 

Microsoft Teams の機能追加要望

Microsoft Teamsはまだまだこれから盛り上がると思われるソリューションのひとつです。
Microsoftは、ユーザーの声を反映すべく追加機能要望のWebサイトを用意しています。

英語が書けなくても大丈夫です。
もうすでに要望(リクエスト)があがっており、共感できるものがあれば投票ボタンをポチッとすればOKです。

私は「チャットの既読機能」(LINEではおなじみですね)に投票していたのですが、先日以下のようなメールが届きました。

リクエストが採用されたという連絡です。
Microsoft Teamsにチャットの既読機能が追加されるべく開発作業にはいったということですね。

ちなみに、連絡がきたときの投票数(要望数)は1,332件でした。
一概に投票数の多い順というわけではないみたいですが、多ければ検討にははいってくれるはず。

投票は以下のサイトで行えます。ぜひ活用してよりMicrosoft Teamsを便利に使っていきましょう。

Microsoft Teams FeedBack by uservoice

Office 365 ProPlus サポートポリシーの変更

Office 365利用企業やユーザーにとってインパクトのある情報がマイクロソフトより発表されました。多くの企業からのフィードバックを受けて変更に踏み切ったようです。

■対象とするOSの変更

(従来まで)

「2020年10月13日からは、Windows 10 SAC(半期更新チャネル)およびWindows Server 2016、つまりメインストリームサポート対象のOSのみOffice 365 ProPlusのサポートが保証されていました。

(変更後)

Windows 7のESU(拡張セキュリティアップデート:有償)であれば2023年1月まで365 ProPlusをサポートされます。

Windows 8.1も同様に2023年1月までOffice 365 ProPlusをサポートされます。

 

■Office アプリケーションの変更

 

(従来まで)

Office 365への接続は、メインストリームサポート期間のOfficeのみ可能でした。延長サポートフェーズでは許可されていなかったのでOffice 2016も接続は許可されませんでした。

(変更後)

Office 2016も2023年10月までOffice 365への接続をサポートされます。

 

詳細はマイクロソフトブログ(英語版)にてご確認ください。

2018年9月下旬にUSで開催される大型イベント:Igniteでさらに詳細が発表されるようです。Windows 7 ESUのコストも気になるところですね。

新しい情報がはいったらまたお知らせします。

 

Office 365 活用に役立つ助成金情報

政府が大々的に政策を打ち出してきていますが「働き方改革」に関する助成金について先日厚生労働省のご担当者の方とお話しする機会がありました。

Office 365などに代表されるSaaSはもちろんのことIaaSやDaaSなどいわゆる「クラウドサービス」をこれから導入、あるいはすでに利用しているがこれからテレワークに活用していきたいという企業に朗報です。

今年の厚生労働省による「時間外労働等改善助成金」には「クラウドサービス」を利用したテレワーク推進が項目として追加されました。

詳細は以下のページをご覧ください。

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

勉強会でお話ししたスライドはこちらへ格納してあります

提示された目標が達成できれば1企業あたり最大で150万円は交付されます。達成できなくても実施した内容によっては100万円ほど支給はされるので助かりますね。

たとえば、利活用についてきちんとコンサルティングやトレーニングを受けたいとか、プランをアップグレードして利活用を促したいがコストが懸念されていた場合など役立つのではないでしょうか?

ただし、もちろん交付金をいただくにはいくつかの書類提出や取り組みを実施した証拠の提出も必要です。

詳細は上記リンクのページにも要項などありますが、要約すると以下のような手続きが必要です。

■申請書類:Webよりダウンロード

① 時間外労働等改善助成金交付申請書

② 時間外労働等改善助成金事業実施計画

→時間外労働改善助成金事業計画詳細の決定

③ 対象労働者同意書

④ 利用予定サテライトオフィス一覧

⑤ 時間外労働等改善助成金事業実施状況報告書

⑥ 時間外労働等改善助成金支給申請書

⑦ 時間外労働等改善助成金事業実施結果報告書

■その他提出が必要な資料

① 国や地方公共団体からの他の補助金を受けている場合、他の補助金の助成内容がわかる資料

② 労働時間等設定改善委員会の設置等労使の話し合い機械について、客観的に話し合いが行われたことがわかる資料

→参加者名簿、議事録(署名入り)、会議風景写真など)

③ 労働時間等に関する個々の苦情、意見及び要望を受け付けるための担当者の選任について、いつどのように周知したのかが客観的にわかる資料

→周知文章、メール、社内報、掲示した場合はその写真など

④ 労働者に対する事業実施計画の周知についていつどのように周知したのかが客観的に分かる資料

→周知文章の写し、掲示した場合はその写真など

⑤ 費用を支出したことが確認できる書類

→領収書など

⑥ 事業を実施したことが客観的に分かる資料

→改定後の就業規則、納品書、契約書、機器の導入等が確認できる写真など

⑦ テレワークを行ったと申請する日の業務時間に就業していたことが証明できる資料

→賃金台帳、タイムカード、出勤簿、年休簿など

⑧ テレワークを行ったと申請する日の業務時間に在宅していたまたはサテライトオフィスにいたことが証明できる資料

→始業・終業メールまたはメール実績かかわる相談センターの実施報告など

⑨ 直近2年度分の労働保険料の納付・領収証書の写しを添付

⑩ 他社との導入製品の相見積

これらの書類を集めるのはなかなか工数はかかりそうです。

注意事項として、申請に係る書類の提出は2018年12月3日が締め切りです。書類に不備があると差し戻し→再提出が必要となりますので早めに準備しておきましょう。

支給までの工程フローは以下のようになります

■支給までのフロー

1.書類一式提出…2018/12/3 まで

2.計画に基づきテレワーク取組の実施…(1か月~6か月)申請者が期間を設定

3.報告書の提出

4.支給申請提出…2019/2月末まで

5.厚生労働省から支給

担当の方とお話した際、申請書類の提出後に評価を検証されますがそこでアウトになることはほぼありえないそうです。

不備があった場合も再提出に向けて丁寧に教えていただけるそうなのでまずトライしてみてもよいのではないでしょうか?

 

Microsoft365に含まれるOffice365

来る2020年1月のWindows 7サポート終了に向けて、各企業では検討や準備が進められているようです。

Windows 10 とともに情報収集されているソリューションとして「Microsoft 365」もお客様からの話題にあげられることが増えてきました。

その中で最近よく耳にするのが「Microsoft 365を契約するとOffice 365のサービスが全部使えるの?」という質問です。

Microsoft 365がメジャーになってきたなと感心しつつもこのあたりをいったん整理した方がよさそうだと感じました。今回は企業向けプランである2つのプランで確認してみます。(※あくまで現時点2018年4月中旬の情報です。)

■ Microsoft 365 Enterprise

Enterprise プランではさらにE3 / E5 の2種類に分けられます。

■ Microsoft 365 Business

従来の Office 365 のプランから主要サービスのみ抜き出したような印象です。主要サービス以外でもファンの多い「Planner」や「Flow」などは現時点では利用できません。ただそこはクラウドサービス。今後サービスが追加される可能性は高いと思います。

 

Power BI の共有

本日マイクロソフトで行われた「Power BI 勉強会#3」でLT登壇しました。

なかなかの盛況ぶりでキャンセル待ちも出ていました。Power BI 人気が高まっていますね。ほぼ定期的に実施されておりますので興味ある方はぜひ次回ご参加ください。

本日の登壇資料は以下でご覧いただけます。

SlideShare:「Power BIの共有

Azure Information Protection Client の新バージョン

先日、新バージョン(Ver 1.3.155.2) がリリースされました。
https://docs.microsoft.com/en-us/information-protection/rms-client/client-version-release-history#version-131552

いつものようにMicrosoft Download Centerよりダウンロード可能です。
※こちらをインストールするには.NET Framework 4.5.2 以上が事前にインストールされている必要がありますのでご注意下さい。

エクスプローラーから右クリックで暗号化できたりとか、ラベルを使用した場合のログを残せたりとか。UIも若干変わりましたね。
利用イメージです。

暗号化したいファイルをエクスプローラーから右クリック。

編集画面がひらきます。

適用ボタンをクリックすると完了です。

また、Sharepoint Online サイト上から暗号化されたPDFをAIPビューアーでそのまま閲覧することもできます。
Sharepointサイト上の暗号化されたPDFファイルを [保存] -[ファイルを開く]をクリックします。

AIPビューアーが起動します。

それ以外では、PowerShellにてローカルやネットワーク共有されたファイルを暗号化するモジュールをRMSProtectionモジュールとして提供されたりとかですね。

ドキュメントの暗号化としてAIPの認知度が広まってきていますね。ぜひお試しください。