Skype for Business から TeamsへのUpgrade(追記)

2019年も本Blogをよろしくお願いいたします。
年があけ、Teamsへの移行も加速されているようです。
昨年にも本ブログにてTeamsへの移行についてご紹介しましたが、今回はその追加情報となります。

自動アップグレードの通知が来たというユーザー企業からよく問い合わせを受けるのが、「他企業からきたSkype for Businessの会議招待にはどう参加すればよいのか?」ということです。以下がその回答です。

・自動アップグレード後でもSkype for Businessの会議に参加できます。

自動アップグレードの前に会議予約されたSkype会議はTeams会議に自動変換されることはありませんので、従来通りSkype会議として実施するということですね。Skype for businessのクライアントは自動アップグレードの際に自動アンインストールされることはありません。よって、従来通りSkype会議が実施可能です。

また、やはりTeamsへのアップグレードに猶予が欲しいという場合、サービスリクエストから「延期申請」の旨を連絡するという方法以外に、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターから延期申請ボタンをクリックするという方法も利用できます。

テナントの全体管理者に「アップグレード」に関する通知が届いている場合は、Microsoft Teams & Skype for Business管理センターのダッシュボード上に「Postpone Upgare(アップグレード延期)」ボタンが表示されます。

※アップグレード通知メールが送信されているのもかかわらず、ダッシュボードに上記ボタンが表示されない場合はサービスリクエストへ延期申請いただく方が確実です。

※上記ボタンでの延期申請は1度限りのようです。2回目以降の延期申請についてはサービスリクエスト経由となります。

※マイクロソフトによる延期処理には48時間程度かかるそうです。余裕を持った申請が必要ですね。

また追加情報がありしだいご紹介したいと思います。

 

Skype for Business から TeamsへのUpgrade

こちらのマイクロソフトブログサイトにも周知がありました。

10月より500名以下かつ、チャットと会議機能のみをお使いのSkype for Business OnlineユーザーのOffice365テナントへTeamsへの自動アップデートが順次開始されます。

事前にマイクロソフトより「あなたのテナントはいつ頃開始します」というニュアンスのメールが配信されるので、まだ準備(Teamsの周知など)が整っていない場合は「延期申請」も可能です。送られてきたメールにその方法も記載されてくるそうなので見逃さないようにしましょう。

では、アップグレードされると何が起こるのか?という部分を以下に記載します。

・すべてのチャット、通話は Teams で受信
・会議は Teams 会議で予約
・Skype for Business クライアントでチャット、通話、会議予約が機能しない
・ユーザーが Skype for Business にサインインすると Teams にリダイレクトされる
・Skype 会議に参加はできる
・Teams Outlook アドインが有効になる
・Skype for Business Outlook アドインが無効になる
・Skype for Business の連絡先が Teams に移行される
・HID プリファレンスが更新される(スピーカー/マイクが Skype for Business ではなく Teams に関連付けられる)
・Teams コーチ マーク、初回実行のエクスペリエンスが実行される
・Outlook の人物情報ウィンドウから Teams のチャットを呼び出す
・OWA が Teams と連携する

多少でもTeamsを利用した経験があれば、パニックになるということはなさそうですね。

また、自動アップデート後に万が一不具合が起きた場合はSkype for Businessへ戻すことも可能です。
その場合は管理者にて「サービスリクエスト」をあげる必要があります。
Skype for Businessについてもすぐに利用停止やサポート停止になることはなさそうです。
使い慣れたツールの方が利用しやすい部分もあると思いますので、業務都合に合わせて徐々にTeamsをユーザーへ展開していけるといいですね。