Windows 10 Enterprise へのアップグレード (CSP 編)

新しい年となりました。2020年もよろしくお願いします。

いよいよWindows  7 の延長サポート期限が終了しましたね。これを機にWindows 10をご利用いただくと思います。さらに、Microsoft 365 ライセンスとしてWindows 10をご利用になる企業も多いのではないでしょうか?そうすると、Windows 1 0 Enterprise  エディションが利用できる権利がついていますね。

おさらいですが、Windows 10 をいきなりEnterprise エディションでご利用いただくことはできません。Professional エディションからアップグレードする必要があります。

ライセンスをマイクロソフトCSPパートナーから購入されている場合には、提供されるWindows 10 のライセンスもユーザーライセンスとなります。

その場合のアップグレードのポイントは、以下の2点です。

  1. ご利用になるユーザーのアカウントがAzure AD に登録されていること。
  2. デバイスがAzure AD に参加していること。

気になるのが2番ですね。お気づきのとおり、オンプレミスのドメインにすでに参加している場合には、「ハイブリッド Azure AD 参加」をさせる必要があります。
マイクロソフトから公式の手順が公開されています。

また、ADFS によるフェデレーションドメインを構成されている環境でもこちらの手順によりハイブリッド参加構成が可能です。

問題は、ADFS ではなく、サードパーティ製によりOffice 365(Azure AD) をご利用になっている場合です。
その場合は、サードパーティのベンダーへ「ws-trustのエンドポイントがサポートされるか?」を確認する必要があります。
また、それらがMetadata Exchangeファイルを通じて公開されている必要があります。

こちらに公式な記載が掲載されています。

Office 365 (Azure AD ) 環境をどのように構成されているかによって方式がかわってきますので、ご注意ください。